イメージ画像

即日キャッシングが可能な消費者金融、銀行をご案内。スマートフォンから24時間、土日祝日OKで365日キャッシングの申し込みができます。

キャッシングの即日融資について

消費者金融間の競争激化で、一部の消費者金融で始まった即日融資も、最近ではほとんどの消費者金融が対応できるようになっています。しかし、即日融資をするためにはいくつかのハードルがあり、消費者金融だけではなく利用者側もそれなりの対応が必要になっています。

即日融資を実現するためには、当然審査が終わっている必要があります。また、即日融資をするためには振込の方法が前提です。銀行への振込は午後2時半が事実上のタイムリミットです。大手消費者金融の振込サービスは午後2時50分という場合もありますが、それなりの対処をしているためできる芸当なのです。 午後2時半に振込をしてもらおうとした場合、逆算すると午後2時には在籍確認などの確認がすべて終了する必要があると思われます。また、運転免許証や源泉徴収票などをスマホなどのカメラで撮影してアップロードする必要があり、これらを消費者金融の担当者が確認する必要があります。

消費者金融側の対応能力にも差がありますから、一概には言えませんが、仮審査まで1時間で終わると仮定しても、スマホからの申込書の入力には時間がかかりますから、朝の通勤電車の車中で申し込みの入力をしたほうがいいでしょう。お昼休みに入力をして申込をしても、タイムアップになってしまう可能性があります。出張する人で、クライアントとの面談時間までに間があったりするのであれば、午後10時くらいまでに入力すれば大丈夫でしょう。 即日融資は便利ですが、時間との戦いだということは覚えておいたほうがいいです。

キャッシングの審査

キャッシングの即日審査は落とすものではなく、融資限度額を算定するものです。よくキャッシングの審査を不必要に怖がっている人がいるようですが、そのような必要は全くありません。初めてキャッシングの申し込みをされる人であれば、融資限度額は申し込みをした消費者金融等が算定した金額より若干少なめに設定されるかもしれません。しかし、少なくとも融資できませんと言われることはないと思っていただいて間違いはないでしょう。

もっとも一般的にブラックリストと呼ばれる返済遅延などの情報が個人信用情報機関に登録されている人については、無条件に審査から落とされます。これはある意味前科者という取り扱いであり、貸金回収を最優先で考えている金融機関としては即取引ができない相手なのです。

支払遅延などの一般的に金融事故と呼ばれる事態になると、個人信用情報機関に登録されるわけですが、1回や2回程度の遅延で登録されることはありません。登録されるのは、いくら連絡しても反応がなく、督促状を送付して差押などの法的手段に訴える可能性があるという事態に陥らない限り登録されることはないのです。

キャッシングの審査で気をつける点は、消費者金融や信販会社の場合は、貸金業法で融資制限があることです。自分の年収の3分の1以上の貸付ができないというこの融資制限のおかげで、消費者金融側では融資可能という判断をしても貸付ができないということがあります。銀行であればこのような制限がないので、キャッシングの申し込みはできますが、他の金融機関で借り入れなどがある人を銀行は嫌うので、事実上融資を受けることは難しいと思われます。

キャッシングのネット申し込み

最近のキャッシングの申し込みは非常に簡単になりました。従来は消費者金融などの店舗に行き、そこで審査を受けたものですが、なんとなく店舗に入りづらかったものです。しかし、最近はネットで申し込みが終わってしまうので非常に便利です。確実にその場でカード発行まで済ませたいというのであれば、無人機店舗もいいのですが、最近の消費者金融は即日振込みのサービスをしている店舗が多いため、特に即日でカードが必要だということは少ないはずです。

キャッシングの即日融資申し込みはネットでできますから、朝の通勤電車でできます。入力項目は特に何を準備するというわけではなく、自分自身の記憶の範囲内でできるものばかりです。ただし、現在の借入件数と残高は正確に入力したほうがいいです。細かい数字は多少違っていてもいいのですが、借入件数は消費者金融等でも個人信用情報機関で確認しますから、できるだけ正確に入力したほうがいいのです。あまりに違っているとごまかしているのではないかと痛くもない腹を探られることになりかねず、審査担当者の心象上よくありません。

キャッシングのネット申し込みはこのように簡単ですが、審査のスピードも結構速くなっています。銀行や大手消費者金融ではコンピューター審査が主流なので、速いのは当然ですが同時に精度も上がっています。よく、審査スピードが即日で速いから大して確認していないだろうと思っている人もいるようですが、人間の目で確認するより精度の高い判断をしていることが少なくありません。

即日融資で審査が早いおすすめのキャッシング会社は以下のサイトがおすすめです。
⇒即日融資キャッシング110
とても詳しくキャッシングについて書いてあるサイトなので是非ご覧くださいね。

キャッシング後のお金の返し方

キャッシングをすると返済の必要があります。返済の方法には2つあり、ひとつは毎月決められた金額を返済する定額返済であり、もう一つは自分の資金的に余裕がある際にする随時弁済です。定額弁済は毎月必須の返済方法ですが、随時弁済は任意です。しかし、定額弁済の金額を見ればわかるとおり、自分の借りた金額と比較するとかなり少ない金額です。

定額弁済の目的は、最低限利息は返済してもらいたいというものであり、現実に定額弁済だけを続けていても利息支払にほとんど充当されてしまい、肝心な元本はなかなか減らないのです。しかもある程度元本が減ると、定額弁済の金額が少額になるように決まっています。

元本を減らして早期に完済したい場合、随時弁済が欠かせません。随時弁済をした金額は確実に元本を減らしますから、完済時期を早めることができます。ただし、この随時弁済は金融機関によってやりやすい場合とやりにくい場合があるので注意が必要です。即日融資のキャッシング自体はコンビニATMでできる場合が多いのですが、随時弁済も同じくコンビニのATMでできるとは限りません。

キャッシングを申し込む前には、どうしても借りやすさや利息に注目が集まりがちですが、随時弁済が容易にできるかどうかを確認する必要があります。随時弁済が容易にできないと元本が減らず、利息の支払ばかり不必要に長引くことになってしまうのです。

キャッシングをどこで契約するか

キャッシングはどこで契約しても同じだと考えている人も多いようですが、実は人によってベストの選択は異なります。一番条件がいい金融機関は大手銀行ですが、ご存知の方も多いように銀行の審査はあまり甘くありません。仕事の内容によっては極端に融資限度額を落とすことがあるため、条件がいいとはいえ安定していないといわれている派遣やアルバイトの方は、融資限度額が少なくなることで金利が上がり、不利になってしまうことが少なくないのです。大企業の正社員の方であれば迷わず銀行での契約をお勧めしますが、無条件で銀行をお勧めできない理由がここにあります。

銀行で融資限度額を削られそうな人は、大手の消費者金融がお勧めです。消費者金融も銀行同様に、実は収入が不安定な人とは契約をしたくないし、融資限度額も落としたいところですが、銀行との競合上そのようなことは言っていられません。結果として、派遣の仕事やアルバイトの人とも比較的利用者に有利な契約をしてくれます。

ただし、銀行と大手消費者金融のどちらがいいのかははっきり言ってわからないというケースもあります。銀行は審査が厳しいといわれていますが、給与振込をしているような場合であれば、審査がずいぶんと柔軟になることが少なくありません。銀行が派遣の仕事などの方を嫌がるのは、収入が不安定な事に原因があり、今まで同じ会社から継続的に給与振込がされている実績があれば、特に問題はないとも言えるのです。

キャッシングの申し込みをすると、仮審査が終わり申し込み確認の電話やメールがあります。この際に融資条件を確認し「ちょっと考え直してみます」といって契約を断っても問題はありません。このようにして銀行と大手の消費者金融で申し込みをしてみて、有利なほうで再度契約をするという手法も悪くはありません。

このページの先頭へ